ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

プログレス合同会社

広告

server:coreos:install:index.html

01.インストール

Conoha VPSへは下記の手順でCoreOSをインストールしています。

サーバー契約

CoreOSのインストールには最低1GBのメモリが必要です。
ただし、1GBのメモリですとバージョン1520.5.0以降のISOイメージでは、Failed to start Switch Rootエラーが発生して起動できません。
バージョン1465.8.0のISOイメージで起動した後に最新バージョンでインストールすることになります。

弊社では、ETCD、Dockerの永続ボリュームやプライベートDockerレジストリを置くマスターサーバー(1GB)とアプリケーションDockerコンテナが稼働するアプリケーションサーバー(2GB)の2つのサーバを東京リージョンで契約しています。

サーバー初期構築

Conoha VPSでサーバーを構築する際にCoreOSを選択できません。
そのため、「その他」からArch Linuxを選択して初期構築を行います。
初期構築が終了したらサーバーをシャットダウンします。

conoha-isoの取得

Conoha VPSではAPIを使用して任意のOSのISOイメージをマウント/アンマウントすることができ、マウント後にサーバーを起動すればOSのインストールが行えます。
しかし、APIによるマウント/アンマウントは面倒ですのでAPIを意識せずにマウント/アンマウントができるCLIツールconoha-isoが用意されています。

弊社ではWindows版のconoha-isoを使用してCoreOSのISOイメージからインストールしています。

Windows版conoha-isoのzipファイルを下記からWindowsマシンにダウンロードします。
https://github.com/hironobu-s/conoha-iso/releases/download/current/conoha-iso.amd64.zip

ダウンロードしたzipファイルを任意の場所に展開します。

ISOイメージの取得

WindowsのコマンドプロンプトからAPIを使用するための認証情報を設定します。

>set OS_TENANT_ID=API情報(テナントID) >set OS_REGION=tyo1 >set OS_USERNAME=APIユーザー名 >set OS_PASSWORD=APIパスワード
API情報やAPIユーザー名、APIパスワードはConoHa VPSのコントロールパネルのAPIページで確認してください。
OS_REGIONにはインストールするConoHa VPSサーバーの契約リージョンを設定します。
コマンドプロンプトは閉じないでください。

Windowsのコマンドプロンプトからconoha-isoを使用してCoreOSのISOイメージを取得します。
>conoha-iso download -i "http://stable.release.core-os.net/amd64-usr/1465.8.0/coreos_production_iso_image.iso" Download request was accepted.
メモリ1GBにインストールする場合はFailed to start Switch Root エラーを回避するためバージョン1465.8.0のISOイメージを取得します。
メモリ2GB以上の場合は1465.8.0ではなく最新バージョンを調べて指定します。
コマンドプロンプトは閉じないでください。

10秒ほど待ってCoreOSのISOイメージが取得できたことを確認します。
取得できていない場合は取得できるまで待ちます。
>conoha-iso list [Image1] Name: coreos_production_iso_image.iso Url: http://stable.release.core-os.net/amd64-usr/1465.8.0/coreos_production_iso_image.iso Path: /mnt/isos/repos/tenant_iso_data/……/coreos_production_iso_image.iso Ctime: Thu Sep 21 23:40:37 2017 Size: 303038464
コマンドプロンプトは閉じないでください。

ISOイメージのマウント

取得したCoreOSのISOイメージをインストールするConoHa VPSサーバーにマウントします。

>conoha-iso insert [1] server1 [2] server2 Please select VPS [1-2]: 1 …(1) [1] coreos_production_iso_image.iso Please select ISO [1]: 1 …(2) ISO file was inserted and changed boot device.
(1) インストールするConoHa VPSサーバーを選択します
(2) マウントするISOイメージを選択します
コマンドプロンプトは閉じないでください。

インストールディスク初期化

ConoHa VPSのコントロールパネルでインストールするVPSサーバーを起動します。
起動が完了したら、ConoHa VPSのコントロールパネルでインストールするVPSサーバーのコンソールを開き、インストールディスクの初期化を行います。

$ sudo fdisk /dev/vda Command (m for help): p …(1) Disk /dev/vda: : Device /dev/vda1 /dev/vda2 : Command (m for help): d …(2) Partition number (1,2, default 2):[Enter] Partition 2 has been deleted. Command (m for help): d Selected partition 1 Partition 1 has been deleted. Command (m for help): wq …(3)
(1) パーティションを確認します
(2) 全パーティションを削除します
(3) パーティションテーブルを更新します
コンソールは閉じないでください。

Coreユーザーのパスワード設定

VPSサーバーのコンソールでCoreユーザーのパスワードを設定します。
なお、ConoHa VPSのコンソールはキーマップが英語配列のため日本語配列で入力した記号文字はキーボードの刻印と異なる文字が入力されてしまいます。
緊急時にConoHa VPSのコンソールを使う場合のことを考えてパスワードに記号を使用しないようにします。

$ sudo passwd core Enter new UNIX password: …(1) Retype new UNIX password: …(2) passwd: password updated successfully
(1) 設定するパスワードを入力します
(2) 設定するパスワードを再入力します

構成ファイルの変換

インストールに使用するCoreOSの構成ファイルcontainer-linux-config.yamlを準備して、WinSCP等によりインストールするConoHa VPSサーバーに転送しておきます。
PuTTY等のSSHクライアントを使用してインストールするConoHa VPSサーバーにcoreユーザーでSSH接続します。

yaml形式の構成ファイルをjson形式に変換するツールcontainer-linux-config-transpilerをダウンロードして実行します。

$ CT_URL=https://github.com/coreos/container-linux-config-transpiler/releases/download $ CT_VER=v0.9.0 …(1) $ curl -L $CT_URL/$CT_VER/ct-$CT_VER-x86_64-unknown-linux-gnu -o ct $ chmod +x ct $ CORE_PASSWORD=$(sudo sed -ne '/^core:/p' /etc/shadow | cut -d ':' -f 2) $ sed -e "s#{CORE_PASSWORD}#$CORE_PASSWORD#g" -i container-linux-config.yaml …(2) $ ./ct < container-linux-config.yaml > ignition.json
(1) CT_VERは2018/09/12時点のバージョンです
(2) 構成ファイルのcoreユーザー暗号化パスワードを設定します

CoreOSのインストール

ISOイメージのcoreos-installではgpg: Can't check signature: public key not foundのエラーが出てインストールができないので、最新のcoreos-installをダウンロードしてCoreOSのインストールを行います。

$ curl -O https://raw.githubusercontent.com/coreos/init/master/bin/coreos-install $ chmod +x coreos-install $ sudo ./coreos-install -d /dev/vda -C stable -i ignition.json : Success! CoreOS Container Linux stable xxxx.xx.xx is installed on /dev/vda $ sudo poweroff …(1)
(1) ISOイメージをアンマウントするためConoHa VPSサーバーをシャットダウンします

ISOイメージのアンマウント

Windowsのコマンドプロンプトからconoha-isoを使用してCoreOSのISOイメージをアンマウントします。

>conoha-iso eject [1] server1 [2] server2 Please select VPS [1-2]: 1 …(1) ISO file was ejected.
(1) インストールしたConoHa VPSサーバーを選択します

CoreOSサーバーの起動

ConoHa VPSのコントロールパネルでインストールしたVPSサーバーを起動します。

その他インストール関連情報

server/coreos/install/index.html.txt · 最終更新: 2018/09/12 by プログレス合同会社