ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

プログレス合同会社

広告

windows:vs:cs:dll

DLL開発

C#で汎用機能をライブラリ化したDLL(Dynamic Link Library)をVisual Studioで作成します。

プロジェクトの作成

Visual Studioを起動します。

windows:vs:vs-newproject.jpg新しいプロジェクトの作成(N)』でプロジェクトの作成を開始します。

windows:vs:cs:vs-cs-dll0101.jpgDLL』でプロジェクトテンプレートを検索します。

C#の『クラスライブラリ(.NET Framework)』を選択します。

次へ(N)』で次に進みます。

windows:vs:cs:vs-cs-dll0102.jpgDLLはテスト実行用のプロジェクトが別途必要になるため、『ソリューションとプロジェクトを同じディレクトリに配置する(D)』のチェックボックスは必ずオフにします。
任意の『プロジェクト名(J)』、『ソリューション名(M)』を付けて『作成(C)』でプロジェクトを作成します。

アセンブリ情報の設定

DLL用にアセンブリ情報を設定します。

windows:vs:cs:vs-cs-dll0201.jpgツールバーから『プロジェクト(P)』➡『プロパティ(P)』でDLLプロジェクトのプロパティを開きます。

windows:vs:cs:vs-cs-dll0202.jpg任意の『アセンブリ名(N)』、『既定の名前空間(L)』を付けて、『アセンブリ情報(I)』を開きます。

windows:vs:cs:vs-cs-dll0203.jpgアセンブリ情報を設定します。
DLLをVBAで利用可能にする場合は『アセンブリをCOM参照可能にする(M)』をチェックします。

OK』で設定を終了します。

windows/vs/cs/dll.txt · 最終更新: 2021/08/06 by プログレス合同会社