ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

プログレス合同会社

広告

windows:keepass:index.html

KeePass

Windowsパソコンにオープンソースのパスワード管理ソフトKeePass Password Safe(以降、KeePassとします)をインストールします。

数多くのパスワード管理ソフトからKeePassを選択したのは

  • Windows、MAC、iOS、Androidなどでパスワードデータベースの同期が可能
  • 日本語化できる
  • 機能制限がない
  • 更新が続いている

というのが主な理由です。

インストール

KeePassの公式ウェブサイトのダウンロードページからKeePass 2.xx.xInstaller版をダウンロードします。

ダウンロードしたKeePass-2.xx.x-Setup.exeを実行します。

windows:keepass:keepass0101.jpg

セットアップに使用する言語の選択

日本語』を選択しています。
はい』で次に進みます。

windows:keepass:keepass0102.jpg

使用許諾契約書の同意

同意する(A)』を選択します。

次へ(N)』で次に進みます。

windows:keepass:keepass0103.jpg

インストール先の指定

次へ(N)』で次に進みます。

windows:keepass:keepass0104.jpg

コンポーネントの選択

次へ(N)』で次に進みます。

windows:keepass:keepass0105.jpg

追加タスクの選択

好みで追加タスクにチェックを入れてください。

次へ(N)』で次に進みます。

windows:keepass:keepass0106.jpg

インストール準備完了

インストール(I)』でインストールを開始します。

windows:keepass:keepass0107.jpg

インストールの完了

KeePass起動前に日本語化をしますので『KeePassを実行する』のチェックを外します。

完了(F)』でインストールを終了します。

日本語化の準備

KeePassの公式ウェブサイトのTranslationsページからJapanese2.xx+版をダウンロードします。

ダウンロードしたKeePass-2.xx-Japanese.zip内のJapanese.lngxKeePassのインストール先(C:\Program Files\KeePass Password Safe 2)のLanguagesフォルダにコピーします。

更新チェックの有効化

インストール後、KeePassの初回起動時に更新チェックの有効化をするかを聞かれます。

windows:keepass:keepass0201.jpg
Enable (recommended)』で有効にします。

日本語化

KeePassを起動します。

windows:keepass:keepass0301.jpg
ツールバーの『View』から『Change Language…』へと進みます。

windows:keepass:keepass0302.jpg
Japanese(日本語)』をクリックします。

windows:keepass:keepass0303.jpg
日本語を有効にするために『はい(Y)』でKeePassを再起動します。

オプション設定

設定しておいた方が便利なオプションを設定します。

KeePassを起動します。

windows:keepass:keepass0401.jpg
ツールバーの『ツール(T)』から『オプション(O)…』へと進みます。

windows:keepass:keepass0402.jpg
統合』タブ内の『ウィンドウズの開始時にKeePassを実行(現在のユーザ)(U)』を✅します。

windows:keepass:keepass0403.jpg
高度』タブ内の『データベースをロックまたは閉じる時に自動的に保存』と『エントリー編集画面でエントリーを編集後、自動的に保存』に✅します。

OK』で閉じます。

KeePass OneDrive Sync

MicorsoftのクラウドストレージOneDriveのデスクトップアプリをインストールしていないパソコンで、OneDrive上のKeePassデータベースと同期させるには『KeePass OneDrive Sync』プラグインを使用します。

KeePass OneDrive SyncGitHubページからKeePassプラグイン『KeeOneDriveSync.plgx』をダウンロードします。

ダウンロードした『KeeOneDriveSync.plgx』をKeePassの『Plugins』に配置して、KeePassを起動します。

windows:keepass:keepass1101.jpg
ツールバーの『ファイル(F)』➡『開く(O)』➡『Open from OneDrive…』へと進みます。

windows:keepass:keepass1102.jpg

ブラウザの選択

認証を行うブラウザの選択です。

どちらを選んでもいいのですが、ここでは『Any browser (recommended)』を選択します。

windows:keepass:keepass1103.jpg
表示されている9桁の英数字を『Copy Device ID』でコピーして『Open in browser』で認証するブラウザを開きます。

windows:keepass:keepass1104.jpg
コピーした9桁の英数字を入力(貼り付け)します。

次へ』で次に進みます。

windows:keepass:keepass1105.jpg
OneDriveのアカウントにサインインします。

windows:keepass:keepass1106.jpg
サインインが完了するとアクセス許可の確認を求められます。

アカウントの種類(個人/ビジネス)により表示内容は異なります。

はい』をクリックします。

windows:keepass:keepass1107.jpg
KeeOneDriveSync.plgx』とOneDriveとの連携が完了しました。

ブラウザを閉じます。

windows:keepass:keepass1108.jpg
OneDriveのフォルダ/ファイルが表示されますので、KeePassデータベースを選択します。

windows:keepass:keepass1109.jpg
選択したKeePassデータベースをパソコン上に保存します。

保存したKeePassデータベースがOneDrive上のKeePassデータベースと同期されるようになります。

今後は保存したKeePassデータベースを開きます。

windows/keepass/index.html.txt · 最終更新: 2022/06/29 by プログレス合同会社