ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

プログレス合同会社

広告

windows:first-setteings:powershell

05.PowerShellの更新・設定

PowerShellの最新版(GitHubで確認してください)をインストールして、必要な設定を行います。

インストール

GitHubからwin-x64.msi(64bit版)またはwin-x86.msi(32bit版)をダウンロードして実行します。

windows:first-setteings:powershell0101.jpg

容量の確認

インストール可能な容量がコンピューター内に存在するかの確認中です。

しばらく待ちます。

windows:first-setteings:powershell0102.jpg

セットアップウィザードの開始

セットアップウィザードの開始画面です。

Next』で次に進みます。

windows:first-setteings:powershell0103.jpg

インストール先の設定

インストール先の設定です。

Next』で次に進みます。

windows:first-setteings:powershell0104.jpg

オプションの設定

オプションの設定です。

下記に✅を追加しています。
Add 'Open here' context menus to Explorer
(エクスプローラーの右クリックメニューに'PowerShell'を追加します)
Add 'Run with PowerShell 7' context menu for PowerShell files
(PowerShellのスクリプトファイルの右クリックメニューに'PowerShellで実行'を追加します)

Next』で次に進みます。

windows:first-setteings:powershell0105.jpg

更新の設定

Microsoft Updateによる更新の設定です。

Next』で次に進みます。

windows:first-setteings:powershell0106.jpg

インストールの開始

インストールの開始画面です。

Install』でインストールを開始します。

windows:first-setteings:powershell0107.jpg

インストール中

インストール中の画面です。

インストールが終了するまで待ちます。

windows:first-setteings:powershell0106.jpg

インストールの完了

インストールの完了画面です。

Finish』でインストールを終了します。

スクリプトの実行設定

スクリプトが実行できるように実行ポリシーを変更します。

スタートアイコンを右クリックして『Windows ターミナル (管理者)』を起動します。
※(注) Windows ターミナルではPowerShell 5での実行になります。
前項でインストールしたPowerShellで実行する場合は、デスクトップ上で右クリックしてコンテキストメニューから実行するか、すべてのアプリから実行してください。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

windows/first-setteings/powershell.txt · 最終更新: 2022/04/18 by プログレス合同会社