ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

プログレス合同会社

広告

windows:first-setteings:ntp

06.時刻設定の変更

インターネット時刻サーバーの変更と時刻の同期間隔を調整します。

スタートアイコンを右クリックして『Windows ターミナル (管理者)』を起動します。

Windowsタイムサービス(W32Time)の動作条件を変更

Windowsタイムサービス(W32Time)をIPアドレスが付与されている間だけ動作するように変更します。

C:\Windows\System32\sc.exe triggerinfo w32time start/networkon stop/networkoff

インターネット時刻サーバーの変更

インターネット時刻サーバーを国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の時刻サーバーとインターネットマルチフィード株式会社(mfeed.ad.jp)に変更します。

w32tm /config /update /manualpeerlist:"ntp.nict.jp,0x8 ntp.jst.mfeed.ad.jp,0x8" /syncfromflags:MANUAL

slewモードの設定を変更

Windowsのデフォルト設定では誤差が1秒未満で、ゆるやかに時刻を修正するslewモードになります。
誤差が1秒を超えると直ちに時刻が修正されます。(stepモード)
レジストリの内容を変更して、マルチプロセッサで5秒未満の誤差でslewモードになるようにします。
シングルプロセッサでは3.5秒未満の誤差でslewモードになります。

$Path = "HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config"

Set-ItemProperty $Path -name MaxAllowedPhaseOffset -value 5
Set-ItemProperty $Path -name UpdateInterval        -value 100
Set-ItemProperty $Path -name PhaseCorrectRate      -value 7

net stop  w32time
net start w32time

3行目
slewモードになる誤差条件です
4行目
slewモードの時刻修正間隔です
5行目
slewモードの時刻修正速度です
7-8行目
レジストリの変更を反映させます

windows/first-setteings/ntp.txt · 最終更新: 2022/04/18 by プログレス合同会社