ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

プログレス合同会社

広告

windows:git

Git

Windowsパソコンに分散型バージョン管理システムGit for Windowsをインストールして、外出先でも各種プロダクトの開発が行えるようにします。
Gitの操作はVisual Studio Code Insidersで行うことにしています。

なお、プログレス合同会社では自社プライベートGitリポジトリサーバーとしてGitLabを運用しています。

インストール

Gitの公式サイトからWindows版のGitクライアントをダウンロードします。
https://git-scm.com/download/winにアクセスするとダウンロードが自動で始まります。

執筆時(1970/01/01)のバージョンは2.23.0でした。

ダウンロードしたexeファイルを実行します。

windows:windows-git0101.png
ライセンスの確認画面です。

Next >』で次に進みます。

windows:windows-git0102.png
インストール先フォルダの設定画面です。

Next >』で次に進みます。

windows:windows-git0103.png
インストールするコンポーネントの選択画面です。

ウィンドウズエクスプローラーのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)にはGitを追加しないため『Windows Explorer integation』のチェックを外しています。

Next >』で次に進みます。

windows:windows-git0104.png
スタートメニューフォルダーの選択画面です。

Next >』で次に進みます。

windows:windows-git0105.png
Gitで使用するデフォルトエディターの選択画面です。

Visual Studio Code Insiders』を選択しています。

Next >』で次に進みます。

windows:windows-git0106.png
環境変数PATHへの追加設定画面です。

GitはVisual Studio Codeで使用しますので『Git from the command line and also from 3rd-party software』を選択しています。

Next >』で次に進みます。

windows:windows-git0107.png
HTTPSのSSL/TLS証明書ライブラリ指定画面です。

GitリポジトリにHTTPSでアクセスするときに使用するSSL/TLS証明書ライブラリを指定します。

Next >』で次に進みます。

windows:windows-git0108.png
改行コードの変換設定画面です。

Gitで改行コードの変換をさせないので『Checkout as-is, commit as-is』を選択しています。

Next >』で次に進みます。

windows:windows-git0109.png
コンソールの選択画面です。

Gitで使用するコンソールを選択します。

Next >』で次に進みます。

windows:windows-git0110.png
その他オプションの選択画面です。

Gitでシンボリックリンクを使えるように『Enable symbolic links』にチェックを入れています。

Next >』で次に進みます。

windows:windows-git0111.png
アルファ版機能オプションの選択画面です。

Install』でインストールが開始されます。

windows:windows-git0112.png
インストールの実行中画面です。

終了するまで待ちます。

windows:windows-git0113.png
インストールの終了画面です。

Finish』でセットアップ画面を閉じます。

グローバル設定

Gitを使用する最低限の設定を行います。

windows:windows-gitbash.png
WindowsのスタートメニューからGit Bashを起動します。

Git Bashで下記のコマンドを実行します。

git config --global user.name  "your name"
git config --global user.email email@example.co.jp
git config --global core.sshCommand "C:/Windows/System32/OpenSSH/ssh.exe"

1行目
名前を英字で指定します。
コミット時に記録されます。
2行目
E-Mailアドレスを指定します。
コミット時に記録されます。
3行目
Windows付属のOpenSSHを使用するようにします。
SSHの秘密鍵にパスフレーズが設定されていると、Visual Studio CodeでGitのリモートリポジトリにアクセスするとパスフレーズを入力できないためPermission denied (publickey)エラーになります。
その回避を行うための準備です。

OpenSSH Authentication Agentの起動

GitのリモートリポジトリにSSHでアクセスする際に、秘密鍵にパスフレーズが設定されていると、パスフレーズを入力できないためPermission denied (publickey)エラーになります。
Windows付属のOpenSSH Authentication Agentを使用して、パスフレーズの入力を行うようにします。

デスクトップのPCアイコンを右クリックしてコンテキストメニューから管理(G)でコンピュータの管理画面を開きます。

windows:windows-git0201.png
サービス』➡『OpenSSH Authentication Agent』を右クリックして、コンテキストメニューから『プロパティ』をクリックします。

windows:windows-git0202.png
スタートアップの種類(E)を『自動』にして『適用(A)』をクリックします。

windows:windows-git0203.png
開始(S)』でサービスを開始します。

OK』でプロパティ画面を閉じます。

パスフレーズの登録

OpenSSH Authentication AgentにSSH秘密鍵のパスフレーズを登録します。

ssh-add
Enter passphrase for C:\Users\xxxxxxxxxx/.ssh/id_ed25519:
Identity added: C:\Users\xxxxxxxxxx/.ssh/id_ed25519

2行目
SSH秘密鍵のパスフレーズを入力します。

windows/git.txt · 最終更新: 2019/09/24 by プログレス合同会社