ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

プログレス合同会社

Action disabled: source
eclipse

Eclipse

オープンソースの統合開発環境Eclipseとそのプラグインについて、インストール方法や設定をまとめています。

インストール

Eclipse本体とEclipseを実行するために必要なjre(jdk)、および日本語化を行うためのプラグインPleiadesがパッケージされたPleiades All in Oneを使用してインストールを行います。

ダウンロード

OSDN(Open Source Development Network)のMergeDocプロジェクトhttp://mergedoc.osdn.jp/からPleiades All in Oneをダウンロードします。

eclipse:eclipse0101.png

最新版(*1)をクリックします。

*1 執筆時(2019/07/20)では2019-06でした。

eclipse:eclipse0102.png

Eclipseを実行するために必要なjre(jdk)も同時にインストールするためFull Editionをダウンロードします。
画像ではWindows 64bitPlatform版をダウンロードしています。

インストール

ダウンロードしたPleiades All in OneのzipファイルをWindowsで開きます。
pleiades¥eclipseをフォルダーごと任意の場所(*1D:¥)にコピーします。

*1 D:¥eclipse¥がEclipseのインストールフォルダーになります。

設定

Eclipseインストールフォルダー内のeclipse.exeを実行します。

eclipse:eclipse0201.png

Eclipseのワークスペースを指定して『起動(L)』をクリックします。

画像ではD:¥EclipseProjectsを『参照(B)…』で指定しています。

なお、eclipse.exeのショートカットを作成し、-dataオプションでワークスペースを指定して起動することもできます。

eclipse:eclipsesetting.png

ツールバーの『ウィンドウ(W)』➡『設定(P)』でEclipseの設定を行います。

eclipse:eclipse0301.png

SSH2の設定
左サイドメニュの『一般』➡『ネットワーク接続』➡『SSH2』の『一般(G)』タブでgit等でSSH接続を行う際に使用する秘密鍵の設定を行います。

SSH2ホーム(H)で秘密鍵の場所、秘密鍵(R)で秘密鍵を設定します。

適用して閉じる』で設定を反映させます。

プラグイン

eclipse.txt · 最終更新: 2019/07/20 by プログレス合同会社